[Info]

About This Web Site.

お約束ごと

著作権表示

このサイトは安藤大地が運営,管理している個人サイトです.
全ての文責と著作権は,私にあります.

リンクについて

WWWである以上ごく当然のことですが,どのぺーじでもリンクは自由な形式でしていただいて結構です.
トップページはこちらです.

引用について

引用の場合,引用元(サイト名,記事が含まれているURI等)の提示かリンクをしてください.

当管理人のポリシーは?

Web上の文献,資料は学術文献と同じ扱いだと考えています(著作権は執筆者に帰属の形).
つまり,引用であることと引用元を提示すれば,あとはリンクや引用を行った執筆者本人の責任の元で,あらゆる利用が可能である…って感じですかね?

サイトの構成

Info
このサイトについてのインフォメーション.このページです.
Work
研究や作品創作に関する記事や技術情報.
Private
日記等.

rNoteについて

Woody-Rinnさんが公開なさっているrNoteを利用し,サイト構築を行っています.
このツールを使う主な目的は,Blog系のツールに比べ,通常のホームページ作成の手順に近いこと,またシステムやフォーマットが汎用性を持って作られている事,などです.
とりあえずBlogツールでないことだけは確かです.
まぁとにかく,通常のBlogツールに比べてポータビリティが非常に高く,また構造や動作,カスタマイズについても非常に理解しやすく,何をするのにもとにかく簡単であるというのが安藤の感想です.

このサイトは有害指定されています

当こーひーをぶんなぐれ!は,Kids gooにて有害サイトに認定されています.
また保護者の方々におかれましては,お子さまへの指導をよろしくお願いします.


[Info]

Profile

基本情報

名前 安藤 大地 (Daichi ANDO)
所属と職階 首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコース 助教
専門 音楽作品の創作と分析
進化論的計算や複雑系,人工生命などの音楽情報科学,Computer Musicへの応用.

略歴

1978年宮城県生.
国立音楽大学音楽学部声楽学科を経て音楽デザイン学科卒業.
Sweden, IT University of Gothenburg, Art & Technology Mastger Program修了.
Sweden, Chalmers University of TechnologyよりMSc.授与.
東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤情報学専攻博士課程修了.
博士(科学)
2009年より首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコース助教.
情報処理学会,先端芸術音楽創作学会それぞれ正会員.

声楽を松本進に,作曲とコンピュータ音楽をPalle Dahlstedtと莱孝之,Cort Lippeに,サキソフォンを宍戸陽子にそれぞれ師事.
対話型進化システムや人工生命,群知能などの音楽創作分析への応用を中心とした研究を行っている.
また自らの研究成果を応用した音楽作品,メディアアート作品の創作を行っている.

2009-2013 情報処理学会 音楽情報科学研究会 運営委員,インターカレッジWG担当教員
2012-2013 情報処理学会 音楽情報科学研究会 インターカレッジWG副代表,
2009- 先端芸術音楽創作学会 運営委員,事務局(電子ジャーナル編集担当),論文誌編集委員
2014- 先端芸術音楽創作学会 インターカレッジ運営委員会 副委員長,担当教員
2014- 芸術科学会 論文誌編集委員

CV

Ph.D in Science, Born in 1978 in Japan.
He studied composition and computer music under Takayuki Rai and Cort Rippe at the Sonology Department, Kunitachi College of Music, Japan.
Then he studied computer music with Palle Dahlstedt and Mats Nordahl at the Art & Technology, International Master Program from IT-University of Göteborg, Chalmers University of Technology, Göteborg, Sweden.
In addition, he received a Ph.D. in science from Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo, Japan for studies in the application of numerical optimization methods to art creation.
Currentrly, he teaches and conduct researches as Assistant Professor in Division of Industrial Art, Tokyo Metropolitan University.