[Work/Class/サウンドトラック制作基礎/basic_edit]

FL Studio Demoによるリズムの打ち込みとStudio Oneへの取り込み

FL Studio Demoによるリズムの打ち込み

16分音符を基本とする「ステップシーケンサ」で打ち込んでいく

down_mini1.jpg

FL Studio Demoを開いて,「File」→「New」した画面.

down_mini1.jpg

ステップシーケンサに1小節分の各楽器の音を適当に入力.
「ループマーク」が点灯している状態で,スペースキーを押すか,スピーカマークを押すと,1小節分が再生される.

Kick: バスドラム
Clap: シンバル
Hat: ハイハット
Snare: スネアドラム

down_mini1.jpg

右上のツールウィンドウの一番左を選択.

down_mini1.jpg

「Playlist」ウィンドウが表示される.

down_mini1.jpg

左端の「Browser」から「Patterns」を選択すると,今編集した(デフォルト名)Pattern1が表示される.

down_mini1.jpg

今編集した(デフォルト名)Pattern1を選択.

down_mini1.jpg

時間表示の下の欄のパターンリストの左側をクリックすると,パターンのリストと現在選択しているパターンを見ることができる.

down_mini1.jpg

「Playlist」の中で,ハケツールを選択し,このパターンを置きたい場所を左クリックすると,Pattern 1がPlaylist中に配置される.

down_mini1.jpg

同様にもう一度貼付ける.

down_mini1.jpg

パターンリストの右側の「+」をクリックすると,新しいパターンを追加できる.

down_mini1.jpg

Pattern 2と名前をつける.(自分でわかれば名前は何でも良い.ここではPattern2とする)

down_mini1.jpg

Pattern1と同様にPattern2も適当に入力する.

down_mini1.jpg

パターンリストでPattern 2が選択されていることを確認し,Pattern1と同様にPattern2もPlaylistに貼付ける.

down_mini1.jpg

Playlistウィンドウの左上の磁石ツールから,パターンが小節(Bar)に沿うようにして,移動しやすくする.

down_mini1.jpg

繰り返し,好きなようにパターンを配置していく.ループマークが消灯している状態では「Playlist再生モード」(Songモード)になるので,スペースキーを叩くかPlaylistウィンドウ上のスピーカマークをクリックすると,配置されたものが連続して再生される.

down_mini1.jpg

トラックを書き出す.「File」→「Export」→「Wave file」

down_mini1.jpg

セーブ画面が出るので,わかりやすい位置に名前をつけて「保存」

export_config

「Save slice markers」と「Save ACIDized」にチェックが入っている事を確認して,「Start」

「Project Type」の「Mode」が「Pattern」だと,現在のパターン,「Full Song」だとパターンを並べた「Playlist」が出力される.

他のオプションは「Trim PDC Silence」はオン,「Enable Master Effects」をオン,「Enable Insert Efffects」をオン(画像の状態)にしておくと,音が変わることはない.オフにすると音色にかかっているエフェクトが消えたりする.

Studio Oneのトラックへ取り込む

Studio Oneで,メニューの「トラック」→「トラックを追加」でトラックを作り,

Studio Oneへ取り込む

ドラッグ&ドロップで,書き出したPatternやSongを取り込み,並べていく.