[Work/Class/サウンドトラック制作基礎/composite_piece]

「コード」「コードネーム」の基本

コード・コードネーム

一般的には,3つの高さの音(三和音),もしくは4つの高さの音(四和音)を同時に鳴らした場合(和音),それをコードと呼び,音の高さの組み合わせに応じて「コードネーム」が与えられる.

コードネームは,「一番低い音(基音)の高さ」と,一番目の音の「どのぐらい上」に二番目の高さの音があり,さらに二番目の高さの音の「どのぐらい上」に三番目の音が,その「どのぐらい上」に四番目の音がそれぞれ割り当てられているか,で決まる.

「どのぐらい上」を表すのに,鍵盤一つ分を半音として,その半音がいくつ間にあるか,を用いる.

この授業では,白い鍵盤のみを使う「ハ長調」(C-Majorキー)を主に用いるが,「半音」は黒い鍵盤も含めて勘定する.

基本的な三和音のコード

メジャーコード

C-Majorコードは,C(ド)を基音として,半音4つ分上に二番目の音があり,二番目の音の半音3つ分上に三番目の音をおいて構成されている.

Cメジャーコード

半音が4つ間にある間隔(音程)を「長三度」と呼び,半音が3つ間にある音程を「短三度」と呼ぶ.

Cメジャーコードから基音を上にずらしていき,二番目の音と三番目の音の間隔を変えなければ,Fメジャーコード,Gメジャーコード,を生成することができる.

基音のみ,もしくは大文字の「M」や「Maj」などをつけて,「C」「CMaj」等と表記する.

マイナーコード

Aマイナーコードは,A(ラ)を気温として,短三度上に二番目の音,その長三度上に三番目の音がある.メジャーコードの音程をひっくり返すとマイナーコードになる.

Aマイナーコード

基音をずらしていくと同様に,Dマイナーコード,Eマイナーコードを生成することができる.

マイナーコードを表記するには,基音の後に小文字の「m」をつけ,「Am」等と表記する.

その調(キー)と同じ基音を持つコード(ハ長調C-Majorであれば,Cコード)を「主和音」と呼ぶ.

基本的な四和音のコード

同様に,長三度と短三度の組み合わせを3回(つまり4音)重ねたのが,セブンスコード,メジャーセブンスコード,マイナーセブンスコード,マイナーセブンスフラットファイブである.

特にセブンスコードとマイナーセブンスフラットファイブは一つの長調(Majorキー)の中にそれぞれ一つしか存在せず,強烈にそのキーの主和音へ移行したくなる感覚を与える性質がある.

セブンスコード

クラシックでは属七とも呼ばれる.ハ長調(C-Major)ではGセブンスがそれにあたる.

G7コード

音程の構成は下から,長三度,短三度,短三度である.

基本的にはこのセブンスコードと,三和音のメジャーマイナーだけで曲を更生することができる.

「基音7」,つまり「G7」と表記する.

メジャーセブンスコード

一つの長調の中に2つ存在する.ハ長調(C-Major)の場合は,CメジャーセブンスとFメジャーセブンスである.

Cメジャー7thコード

音程の構成は下から,長三度,短三度,長三度である.

「基音M7」「基音Maj7」等と表記する.「CMaj7」

マイナーセブンスコード

一つの長調の中に,3つ存在する.ハ長調(C-Major)の場合は,Dマイナーセブンス,Eマイナーセブンス,Aマイナーセブンスである.

Aマイナー7thコード

音程の構成は下から,短三度,長三度,短三度である.

「基音m7」等と表記する.「Am7」

マイナーセブンスフラットファイブ

マイナーセブンスの第三音(五度)が半音下がった(♭した)形なのでこう呼ぶ.一つの長調の中に1つのみ存在する.ハ長調(C-Major)の場合はBマイナーセブンスフラットファイブである.セブンスコードと同じく,次の音として強く主和音を求める.

Bマイナーセブンスフラットファイブコード

音程の構成は下から,短三度,短三度,長三度である.

「基音m7♭5」「基音m7-5」「基音m7 5-」などと表記する.「-5」「5-」は右上に小さく表記されることが多い.


[Work/Class/サウンドトラック制作基礎]

サウンドトラック制作基礎


[Work/Class/サウンドトラック制作基礎/acid]

Acid Xpressへのサウンドファイル・ループファイルの取り込みとプロジェクトの保存

Acid Xpressへのサウンドファイル・ループファイルの取り込み

down_mini1.jpg

Acid Xpressを開き,ファイルブラウザ領域に,取り込みたいサウンドファイル・ループファイルが表示されているかを確認する.

down_mini1.jpg

リズムトラックの他にもう一つオーディオトラックを作り,そこにサウンドファイル・ループファイルをドラッグ&ドロップ.

Acid Xpressのプロジェクトファイルを,サウンドファイル込みでセーブする

down_mini1.jpg

「File」→「Save」

down_mini1.jpg

ファイルの種類を「*.acid-zip」にする.
こうする事で,Acidプロジェクト内で使われているサウンドファイル・ループのファイルも全てひっくるめてプロジェクトがセーブされる.

down_mini1.jpg

プロジェクトファイルの名前を付けて保存.


[Work/Class/サウンドトラック制作基礎/basic_edit]

FL Studio Demoによるメロディの打ち込み

FL Studio Demoによるメロディの打ち込み

「ピアノロール」と呼ばれる,縦軸が音高,横軸を時間としたエディタに打ち込んでいく.

down_mini1.jpg

左側の「Browser」の波形タブの中の「Channel Presets」を選択.

down_mini1.jpg

「3x Osc」を開くと,楽器リストが出てくる.

down_mini1.jpg

ここでは「Accordeon」を選択し,右クリックして「Open in new channel」を選択.

down_mini1.jpg

PatternにAccordeonが追加される.

down_mini1.jpg

「Accordeon」のボタンを選択した状態にして,右上のピアノロールボタンをクリック.

down_mini1.jpg

ピアノロールウィンドウが表示される.

down_mini1.jpg

ピアノロールウィンドウの鉛筆ツールを選択し,適当に旋律を入力する.

down_mini1.jpg

リズムの場合と同じように,Pattern1をPlaylistに追加する.

down_mini1.jpg

リズムの場合と同じように,「File」→「Export」→「Wave file」を選択.

down_mini1.jpg

名前をつけて保存.

export_config

リズムの場合と同様に「Save slice markers」と「Save ACIDized?」にチェックを入れて「Start」

FL Studioから書き出したら,Studio Oneでリズムの場合と同様に取り込む.


[Work/Class/サウンドトラック制作基礎/basic_edit]

FL Studio Demoによるリズムの打ち込みとStudio Oneへの取り込み

FL Studio Demoによるリズムの打ち込み

16分音符を基本とする「ステップシーケンサ」で打ち込んでいく

down_mini1.jpg

FL Studio Demoを開いて,「File」→「New」した画面.

down_mini1.jpg

ステップシーケンサに1小節分の各楽器の音を適当に入力.
「ループマーク」が点灯している状態で,スペースキーを押すか,スピーカマークを押すと,1小節分が再生される.

Kick: バスドラム
Clap: シンバル
Hat: ハイハット
Snare: スネアドラム

down_mini1.jpg

右上のツールウィンドウの一番左を選択.

down_mini1.jpg

「Playlist」ウィンドウが表示される.

down_mini1.jpg

左端の「Browser」から「Patterns」を選択すると,今編集した(デフォルト名)Pattern1が表示される.

down_mini1.jpg

今編集した(デフォルト名)Pattern1を選択.

down_mini1.jpg

時間表示の下の欄のパターンリストの左側をクリックすると,パターンのリストと現在選択しているパターンを見ることができる.

down_mini1.jpg

「Playlist」の中で,ハケツールを選択し,このパターンを置きたい場所を左クリックすると,Pattern 1がPlaylist中に配置される.

down_mini1.jpg

同様にもう一度貼付ける.

down_mini1.jpg

パターンリストの右側の「+」をクリックすると,新しいパターンを追加できる.

down_mini1.jpg

Pattern 2と名前をつける.(自分でわかれば名前は何でも良い.ここではPattern2とする)

down_mini1.jpg

Pattern1と同様にPattern2も適当に入力する.

down_mini1.jpg

パターンリストでPattern 2が選択されていることを確認し,Pattern1と同様にPattern2もPlaylistに貼付ける.

down_mini1.jpg

Playlistウィンドウの左上の磁石ツールから,パターンが小節(Bar)に沿うようにして,移動しやすくする.

down_mini1.jpg

繰り返し,好きなようにパターンを配置していく.ループマークが消灯している状態では「Playlist再生モード」(Songモード)になるので,スペースキーを叩くかPlaylistウィンドウ上のスピーカマークをクリックすると,配置されたものが連続して再生される.

down_mini1.jpg

トラックを書き出す.「File」→「Export」→「Wave file」

down_mini1.jpg

セーブ画面が出るので,わかりやすい位置に名前をつけて「保存」

export_config

「Save slice markers」と「Save ACIDized」にチェックが入っている事を確認して,「Start」

「Project Type」の「Mode」が「Pattern」だと,現在のパターン,「Full Song」だとパターンを並べた「Playlist」が出力される.

他のオプションは「Trim PDC Silence」はオン,「Enable Master Effects」をオン,「Enable Insert Efffects」をオン(画像の状態)にしておくと,音が変わることはない.オフにすると音色にかかっているエフェクトが消えたりする.

Studio Oneのトラックへ取り込む

Studio Oneで,メニューの「トラック」→「トラックを追加」でトラックを作り,

Studio Oneへ取り込む

ドラッグ&ドロップで,書き出したPatternやSongを取り込み,並べていく.